Today's Photo

韓国ドラマの中で管理人の注目の人などをご紹介
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< チョンジン@チャンジンギュ(2) * main * チョンジン@チャンジンギュ(4) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * * - * -
チョンジン@チャンジンギュ(3)
정진
殺人魔で俳優になる‥「スポットライト」チョンジン-'追撃者' ハションウ

去る冬、ハジョンウの冷ややかな目つきは大韓民国を恐怖に追い込んだ。

映画「追撃者」で理由なき殺人を犯す薄気味悪いサイコパス殺人魔に扮して、
身の毛がよだつ演技を繰り広げたハジョンウは、もう名優班列に立ち上がった。
映画が進行される2時間のランニングタイム始終、
ハジョンウの薄気味悪い目つきは観客たちを息を殺すようにした。

警察署に連れて行かれても「殺しました。」「(殺す人数が) もっと増えるよ?」
と何気なく言うハジョンウの表情は映画の圧巻だった。
「追撃者」の殺人魔演技でハジョンウは第61回カンヌ映画祭で全世界で集まった映画関係者たちに
“東洋最高の殺人魔”という絶賛を聞いたりもした。


スクリーンのハジョンウに引き続き、最近ブラウン管にも薄気味悪い殺人魔が登場した。
MBC水木ドラマ「スポットライト」で脱獄囚チャンジンギュを演じたチョンジンは、
一気に視聴者たちの目を引いた。

シンチャンウォンを連想させるTシャツに、
世の中に向けて毒舌を浴びせるようなリアルな表情演技は、
テレビ劇場を身の毛がよだつようにした。
特に22日放送された「スポットライト」4回で、
傘と雨具で熱追跡監視装置を避け、宝石店に忍び込んだチャンジンギュ(チョンジン)が、
CCTVを見て警察を茶化すように嘲笑う場面は圧巻だった。

28日 5回放送では、GBS記者ソウジン(ソンイェジン)を相手に拉致劇をして、
顔も知らない母を思って涙を流して投降し、視聴者たちの胸をジーンとさせた。

去年、MBC「H.I.T」でも背筋がゾッとするに値する殺人魔が登場した。
演劇俳優でも注目されているオムヒョソブは、
証拠を残さないで 10人余りを殺害したペクスジョンで登場した。
当時、たくさんの人々は「オムヒョソブのせいで‘H.I.T’を見るのが恐ろしい。」
と言うほどに恐ろしい連鎖殺人犯演技で好評を博した。


殺人魔役は優れた内面演技と薄気味悪い目つきなど、優れた演技力が要求される。
ハジョンウやオムヒョソブ、チョンジンのように
隠されていた宝石のような俳優たちが殺人魔役を通じて世の中に顔を知らせた。

特に「スポットライト」のチョンジンは一歩遅れて光を見たケースだ。
2002年、映画「海岸線」を通じてデビューした後、「食客」「出会いの広場」「ハーブ」、
MBC「新入社員」「オーバー・ザ・レインボー」などに出演し
絶え間ない演技活動を繰り広げた。
初めてチョンジンの可能性が「スポットライト」で光を放った。

ペンションで最後の放送インタビューをし、ソンイェジンを解放したチョンジンは、
警察に投降することにより5回で派手な退場をした。
しかし、視聴者たちは
「実際のように演じたチャンジンギュ役を忘れることが出来ないだろう。」
「最高の連鎖殺人犯演技だった。」と好評を送った。

キムミヨン記者 grandmy@mydaily.co.kr

[mydaily]2008-05-29 09:47:04
* - * 23:49 * - * -
スポンサーサイト
* - * 23:49 * - * -
qrcode